try to 〜 と try 〜ing の違い

先日、高校の入試問題を読んでいたら、本文中で try to〜と try 〜ing が間違って使われていました。

受験生の人生がかかっているテストで、(学生には重箱の隅を突くような細かい知識を求める割には)テスト側は初歩的なミスをしている….

うーん、ちょっとマズいんじゃないかと思いましたが。

それはさておき、try to〜と try 〜ing は、実際にとても多くの日本人が間違えますね。それだけトリッキーだということだと思います。

今回は、その使い分けのポイントを見てみましょう。

1. まずは例文を確認しよう

では、まずはtry to 〜 と try 〜ing の例文を比べて、意味の違いを確認してみましょう。下の英文を訳してください。

=====

1. I tried to get up early.

2. I tried getting up early.

※get up early: 早起きする

=====

いかがでしょうか?

どちらも「私は早起きしようとした」と取れそうですね。でも、実際の意味は、、、、

1.の try to〜 の文は、「早起きしようとした」(→だけど、結果的にはできなかった)

2.の  try 〜ing の文は、「(試しに)早起きしてみた」(→実際に早起きした)

あれ…?全然違うぞ?!

2. tried to 〜は「最終的にできなかった」

try to 〜の文は、やってみたけど実際には成功しなかったという点がポイントです。

to〜と〜ingは、どちらも「〜すること」と名詞を作る働きがありますね。ですが、全く同じ使い方をする訳ではありません。

代表的な違いとして、to 〜は「未来志向」とよく言われます。

つまり、tried to get up earlyは、get up earlyという未来に向けてtryしてみたということです。(→「だけどできなかった」をほのめかしている)

3. tried 〜ingは「実際にやってみた」

一方で、〜ingはすでにやっていることや、実際にやったことを表すときに使います。

ですので、tried getting up earlyは、実際にget up earlyということをtryしてみたということです。

try to 〜とtry 〜ing、一見どちらも「〜しようとする」という和訳で処理できそうですが、こうして見ると、使い方は全然違うのがわかりますね。

try to 〜は「〜しようとする」(→結果的にはできない)

try 〜ingは「試しに〜してみる」(→実際にやる)

4. このミスに注意

僕が見た入試問題では、try 〜ing とするべきところを、try to〜としていました。つまり、実際にはやってみたはずなのに、try to 〜で「できなかった」ことになってしまっていました。

僕の経験だと、日本人はこのパターンのミスが多いですね。(あー、やっぱり入試作成者もここが苦手なんだなぁ、と思いました)

try to 〜の方が、きっと try 〜ingよりも何となく言いやすい(馴染みがある)のですね。

5. 追加例文で違いを実感しよう

そこで、最後に try to 〜 と try 〜ing の例文をあといくつか比較して、どれだけ違うかをさらに実感してみましょう。違いがはっきりとわかれば、使い分けの際にミスも減るはずです。

繰り返しになりますが、

try to 〜は「〜しようとする」(→結果的にはできない)try 〜ingは「試しに〜してみる」(→実際にやる)

この違いがポイントです。

====

・We tried to climb the mountain. その山を登ろうとした。(→だけど、山頂まで行けなかった)

・We tried climbing the mountain. その山を試しに登ってみた。(→実際に山頂まで行った)

・I tried to contact Mr. Sato.  佐藤さんに連絡を取ろうとした。(→だけど、取れなかった)
・I tried contacting Mr. Sato.  佐藤さんに連絡を取ってみた。(→実際に連絡が取れた)

・I’ll try to wake up early tomorrow. 明日は頑張って早起きしてみるよ。(→だけど、できないかもしれない)

・I’ll try waking up early tomorrow.  明日は早起きというものをトライしてみるよ。(→実際に早く起きる気満々)

 ====

いかがでしょうか?try to〜 とtry 〜ing の違いは、以前より明確になりましたか?

今後も文章の中で見かけたり、自分で使ったりする際には、その違いをしっかり意識するようにしましょうね!



Super Fast English! 1ヶ月無料


Super Fast English! は、ネイティブの高速なペラペラ英語を、あなたが「聞ける、わかる、話せる」ために、ぼくらが心込めて作っている教材です。

Super Fast English! 28日間無料プレゼント


ご質問やご意見は、こちらから投稿してくださいね。

(あるいは、この記事にコメントください!)
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

山田暢彦(Nobby)
アメリカ生まれ、アメリカ育ちの日英バイリンガル。日本で出版した著書は累計50万部超え、ビデオ教材の視聴者は20万人以上。和英辞典の例文執筆も手がけた。自らの生育歴を活かし、日本の英語教育に人生を捧げる決意を持っている。