SFE275補足 音節の最初の子音と最後の子音など

SEF0275の例文をもとに、音節や子音の発音について、補足解説を行いました。

listening to passersby chatting happily, feeling content

ノビー先生(山田暢彦先生)と吉永賢一の対談音声です。

右クリックでダウンロード

以下、吉永賢一によるメモ。

英語の発音を考える上で、「音節」は重要

音節の基本構造は、C-V-C

Consonant 子音

Vowel 母音

音節の最初の子音と、最後の子音では、発音の仕方が違う

最初の子音は強い

最後の子音は弱い傾向がある

(ただ、たとえばnやsなどは、あまり弱くならない。tやdは、特に弱くなりやすい)

母音は、音節ごとに強い、弱いがある

子音は、音節の最初か最後かで、強弱が決まる。あとは、子音ごとに特性がある

音節分けする

syllabify

hap・pi・ly

だと、piのpは、音節の最初だから強くなる

しかし、piのiの母音が省略され、音節の数が減ると、

happ(i)・ly

これだと、pは、音節の最後の子音になるので、弱くなる

pとlの間で音節が別れているので、plの音ではない

Lis

ning

のような2音節

I’m gonna try saying “listening” in two syllables!

Can I try?



Super Fast English! 1ヶ月無料


Super Fast English! は、ネイティブの高速なペラペラ英語を、あなたが「聞ける、わかる、話せる」ために、ぼくらが心込めて作っている教材です。

Super Fast English! 28日間無料プレゼント


ご質問やご意見は、こちらから投稿してくださいね。

(あるいは、この記事にコメントください!)
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

山田暢彦(Nobby)
アメリカ生まれ、アメリカ育ちの日英バイリンガル。日本で出版した著書は累計50万部超え、ビデオ教材の視聴者は20万人以上。和英辞典の例文執筆も手がけた。自らの生育歴を活かし、日本の英語教育に人生を捧げる決意を持っている。