“r” で始まる単語をきれいに発音するコツ

日本人の英語の天敵とも言える、”r” の発音。

run、rice、rule、rare、roof…..

あなたも「ン」「イス」「ール」のように、「ラ行」で発音していませんか?

“r” は日本語にない音なので、確かに一定の練習が必要です。

でも、本当は、全く難しいということはありません。

これまで発音できなかったのは、単純に、正しく発音する方法をきちんと教わっていなかった

から。実際は、コツを理解すれば、ものの5分ですぐに上達できます。

さっそくその方法を見てみましょう。

ポイントは「舌の位置」「口の形」「発声の位置」の3つです。

まずは、動画でサンプルをチェック

run / rice / red / rule / rare / rug

順番に発音している動画を見てください。これを模範として正しい発音方法を身につけましょう。

【ポイント1】 “舌” をどこにも当てない

舌の先が「上あご」や「前歯の裏」に当たらないように注意してください。どこかに触れた瞬間に「ラ行」になります
・当たらないようにするためには、舌を “奥に引っ込める” ようにします(舌の先も反り上がります)

【ポイント2】 “唇” に力を入れる

・「舌をどこにも当てない」というだけでは、音を発声するための軸がなくなって、「ウ」みたいな音になります
・r 独特のこもった音を出すには、「唇に力を入れる」のがポイント。ちょっと “あひる口” っぽくしてみてください口の形をしっかり作ることで、r の音の輪郭ができます

【ポイント3】 “喉” で発声する

犬が相手を威嚇するときの「ウ〜」のイメージです
・日本人は、口先で英語を発音する癖があります。喉に手をあてるなどして、発声の位置として「喉」に意識を向けてください

仕上げ

最後に、サンプルのビデオをもう一度見て、3つのポイントを意識しながら真似しましょう。
run / rice / red / rule / rare / rug



Super Fast English! 1ヶ月無料


Super Fast English! は、ネイティブの高速なペラペラ英語を、あなたが「聞ける、わかる、話せる」ために、ぼくらが心込めて作っている教材です。

Super Fast English! 28日間無料プレゼント


ご質問やご意見は、こちらから投稿してくださいね。

(あるいは、この記事にコメントください!)
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

山田暢彦(Nobby)
アメリカ生まれ、アメリカ育ちの日英バイリンガル。日本で出版した著書は累計50万部超え、ビデオ教材の視聴者は20万人以上。和英辞典の例文執筆も手がけた。自らの生育歴を活かし、日本の英語教育に人生を捧げる決意を持っている。