ウォークマンの速度を早くして聞いても良いでしょうか

吉永賢一(Kenny)です、

質問をいただいたので答えます。

=======
ウォークマンの
速度を早くして
聞いても
良いでしょうか
=======

英語を速く聴くと、世界がまわるようDAZE!

はい、もちろんOKです。

しかし、大切なのは、

「それが英語を聴き取る力を伸ばすか?」

ですよね。

結論から言うと、
これは、学習者の段階によって
異なります。

既に、ある程度聴き取れる人の場合は、
効果があります。

ある程度というのは、

「速度を早くして聞いても、
内容が聴き取れる」

ということです。

基本的な考え方として、

「わからないことを積み重ねても、伸びない」

ということを押さえてください。

(これは、「勉強法」の基本です。)

だからこそ・・・

「『意味』はわからないけれど、
『音』はわかる」

このような場合も、
音の学習として、効果があるわけです。

まだ、速い英語が聴き取れないのに、
聴き取れるようになりたくて、
早回し英語を聞くのは、
基本的には有害です。

想像してみてください。

あなたに小さい子供がいるとして・・・

その子に日本語を教えたくて、
早回しの日本語を再生して聴かせていたら、
どうですか?

異様ではないですか?

いえ、英語に限らず、
現在日本で行われている「教育」の
ほとんどは異様です。

自然な興味に基づいていないからです。

生き方の間違えたスタンスを、
子供たちに注入していると感じます。

子供たちに、話し言葉を教えるときには・・・

・子供には、ゆっくり発音してあげる

・子供はムシして、ナチュラルスピードで大人同士で、そばで話している

・子供に対して、多少スピードを遅くして、語彙をカンタンにして話す。質問があれば、ゆっくり教える

・子供に対して、ナチュラルに話す。質問があれば、ゆっくり教える

この4つが基本です。

大人が英語を学習する際も、
入門期は、この4つをやれば良いのです。

学習方法に迷ったときには・・・

「子供たちが、どう言葉を覚えているか」

「大人は、母語を、子供にどう教えているか」

この観察に、戻って来てください。

英語教育業界には、
お金儲けを目的とした、
腐った人たちが、
たくさんいます。

効果が出ないことを、
それらしく宣伝し、
お金を巻き上げているのです。

そういう輩に、
ひっかからないでくださいね。



Super Fast English! 1ヶ月無料


Super Fast English! は、ネイティブの高速なペラペラ英語を、あなたが「聞ける、わかる、話せる」ために、ぼくらが心込めて作っている教材です。

Super Fast English! 28日間無料プレゼント


ご質問やご意見は、こちらから投稿してくださいね。

(あるいは、この記事にコメントください!)
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

山田暢彦(Nobby)
アメリカ生まれ、アメリカ育ちの日英バイリンガル。日本で出版した著書は累計50万部超え、ビデオ教材の視聴者は20万人以上。和英辞典の例文執筆も手がけた。自らの生育歴を活かし、日本の英語教育に人生を捧げる決意を持っている。